思い出の温泉旅館 宿泊体験記

Foovoowoo Japan EnglishFoovoowoo Japan 中文Foovoowoo Japan 日本語Foovoowoo Japan FrancaiseFoovoowoo Japan Espanola

龍洞(群馬・奥利根)

部屋数22に対して、なんと17もの貸切露天風呂。

毎分1300リットルという豊富な湯量の源泉を贅沢に掛け流す湯船には、24時間いつでも入浴可能。好きな人と好きなだけ温泉を堪能できる秘湯の宿、それが龍洞です。

チェックアウト後に個室食事処を15時まで利用できる<24時間STAY>というプランもあり、一度の滞在で全ての貸切風呂入浴にチャレンジなんていうのも楽しいかも知れません。

龍洞 宿泊棟

まずは宿の外観から。

あいにく宿泊した日は大雪で、御覧の通り、屋根の上がスゴい事になっておりました。

龍洞 屋外廊下
いきなりですが、風呂に向かってます。

ちなみに宿泊棟はいくつかに分かれてまして、私の部屋のある棟からは、17ある貸切風呂のうち、10個の風呂に関しては離れた場所にあり、雪の中を歩いて行かねばならないのでした。

龍洞 橋

長靴を履いて、橋を渡ります。

寒々しい光景ですね。

でも、もうすぐ温泉に入れるという期待感が、体感温度を少し上げている気がします。
龍洞 雪景色

途中に見られる敷地内の建物もこの通り、屋根が重そうです。雪が大きなマシュマロみたいに見えてきます。

龍洞 貸切風呂 天女1
大雪の中、まず最初に入ったのは
<天女>という露天風呂。龍洞の看板とも言えるお風呂です。

ちなみに龍洞の温泉は単純泉で、 弱アルカリ性低張性高温泉という無色透明のお湯。その源泉温度76.1度とかなり高温です。

視線を変えると、反対側は野趣満点の雪景色。それにしても貸切風呂としてはもったいないくらいの広さ。

龍洞 貸切風呂 天女3

<みざる・きかざる・いわざる>のお猿たちも、頭に雪をかぶり、もはや手を擦り合わせて震えてるようにしか見えませんね。。。

龍洞 貸切風呂 星の雫
こちらは<星の雫>という六角形のお風呂。

ここは写真撮影だけにしました。

ちなみに浴槽外側のボタンを押すと、浴槽の底から星の様な無数の光が照らされるらしいです。
龍洞 貸切風呂 雅

<雅>という名の、川に面した檜風呂。

と、強い風と共に雪が吹き込んで来て、さっ、寒い! 状況は決して雅ではありませんでした。

龍洞 貸切風呂 河童1

こちらも川に面した薄暗い岩風呂で、何やら二体の小便小僧のような像が岩の上に立ってます。

龍洞 貸切風呂 河童2

実は河童の像でした。

という事で、風呂の名前も<河童>です。

龍洞 貸切風呂 かわせみ

<かわせみ>という、円形の陶器でできた風呂。

こちらは残念ながら、本日入浴不可でした。

龍洞 貸切風呂 かじか

<かじか>という川沿いの岩風呂。

薄暗い中に光が差す感じが妙に心地良く、つい長風呂になってしまいました。

龍洞 貸切風呂 さえずり

 こちらは<さえずり>という岩風呂。ここも写真撮影のみでパス。全部入浴したら、完璧にのぼせますね、これは。


印傳屋(INDEN-YA)の印伝小物コレクション 〜現代に映える伝統工芸・甲州印伝の世界〜

鹿革」×「色漆」×「伝統

印傳屋(INDEN-YA)の印伝小物コレクション

龍洞 次のページに進む

★★★龍洞の宿泊情報はこちら ★★★

星のや 軽井沢(長野・軽井沢)
大沢温泉ホテル 依田之庄(静岡・南伊豆)
大牧温泉(富山・南砺)
加仁湯温泉(栃木・奥鬼怒)

★★★↓貸切・露天風呂 関連書籍のご紹介です。↓★★★

DiscoverJapanTRAVEL
ニッポンの名宿 【ムック】

1週間premium 隠れ家個室温泉2014-2015
1週間mook / 講談社
【ムック】

YUCARI Vol.11日本の宿・おもてなし / マガジンハウス
【ムック】

常宿にしたい温泉宿東日本編 2015年版 旅行読売mook
【ムック】

匠たちの名旅館 / 稲葉なおと 【単行本】

Copyright (c) 2010 Foovoowoo Japan